少額資金で飲食店開業

少額資金で飲食店開業

飲食店を開業するとなると、どんな業種であろうとどんな規模であろうと、ある程度の資金が必要になることは間違いありません。
一説によると、1500万円前後は最低でも必要になるとされています。

 

もちろん、完全に独立して自力ではじめるとなると、そのくらいは必要になるはずです。
ただ、みながみな、そういうスタートのしかたをしているわけではありません。

 

つまり、そこまで準備しなくても、飲食店を開業することは不可能ではありません。

 

 現在サラリーマンをしている人が、退職してから退職金で・・・などと考える人は少なくないようですが、しかしそれではあまりにも時間がかかりすぎてしまうのも事実、しかし、そんなことをしなくても、普通に脱サラして飲食店を開くことができるという認識で問題ありません。

 

 どうせ、金融公庫からの借入によって資金を調達するのだろうなどと考えるかもしれませんが、そういうことではありません。
実は、「居抜き」というレンタル店舗が利用できるのが、飲食店の特徴なのです。居抜きを利用すれば、資金はごく小さいもので抑えることができます。

 

 

 気分的には新しい店舗を借りてスタートできればそれに越したことはありませんが、しかし、その時点で大きな初期投資が必要になってしまい、そうなると、後々いろいろな負担になってしまいます。

 

 あとは、物件の賃料次第ということになります。賃料さえ安く抑えることができれば、当初イメージしていた初期投資とはまったくちがう形で飲食店をスタートすることができるでしょう。


このページの先頭へ戻る